精力回復効果

妊婦がノコギリヤシを摂ると良い場合があるって本当?

妊娠中のノコギリヤシ摂取に関しの是非を確認しようと色々とネット検索を試みてみても、おそらく殆ど具体的な情報に辿り着けないかと思われます。
ノコギリヤシ自体が「一定の年齢以上の男性が悩む諸々の症状に効果大の植物」という認識が一般的ですから、女性とノコギリヤシを結び付ける情報事例自体が極端に少ないのが現状です。
妊娠中のノコギリヤシ摂取に関しては「避けるべき」という見解がほぼ全てを占めているようです。

更に授乳期間中を含む摂取は一層リスクが高いという見識が圧倒的で、その理由としてはホルモンにダイレクトに影響するノコギリヤシエキスの特性が関係しています。
胎内で成長中の胎児や乳児の体内にノコギリヤシが影響したバランスが崩れたホルモンが入る事で、胎児や乳児の体内ホルモン自体にいわゆる悪影響を及ぼすリスクが懸念されるからです。
母体がノコギリヤシを摂取した状態はすなわち、意図的にナチュラルなホルモンのバランスを崩した体調となっている事なのです。

新たな生命を育む過程に於いて、こうした元来の人体の状態とは異なるバランスのホルモンや栄養素が胎児や乳児の体内に入る事は断じて好ましい事ではありません。
「妊婦にノコギリヤシが良い」という意見が仮に聴こえて来たとしても、具体的に良い場合を挙げる事は出来ません。
ちなみに生理中のノコギリヤシの摂取も控えた方が賢明で、これは整理期間中はホルモンバランスが大きく崩れる時期である事がその理由です。

バランスが崩れた状態体調で更にノコギリヤシの効果が加わってしまうと、結果体調悪化を招く懸念が一気に高まります。
また妊娠を計画予定している場合もノコギリヤシの摂取は控えるべきで、これは上記とも関連する通り、意図的にホルモンバランスを変えた母体での妊娠はお薦め出来ないからに他なりません。
新しい生命を授かる前の段階から、母体として自然なホルモンバランスの体調準備と管理を心掛けるべきなのです。

ノコギリヤシを摂取されている女性は、男性ホルモンの抑制からより女性らしい身体のラインを得たい、あるいは男性型薄毛抜け毛の防止改善目的という方が殆どかと思われます。
ですがこれらはあくまで自身1人の生命に対してのいわば「加手」であり、免疫力がゼロもしくは極端に低い胎児乳児にとって、ノコギリヤシは強過ぎる存在となります。
副作用の事例が確認されていない、優しく安全性が高いとされているノコギリヤシですが、妊婦にとってはハイリスクな存在である事をしっかりと踏まえておくべきなのです。

このページの先頭へ